著者:関 勝寿
公開日:2015年10月18日 - 最終更新日:2015年11月22日
キーワード: tex

Excel や PowerPoint で作成した図を EPS ファイルにする方法。

追記:PDFでいいよ

この記事を作成した後に、使ってはいけない LaTeX のコマンド・パッケージ・作法を読んだところ

LaTeX の画像と言えば EPS 形式! という向きもありましたが,dvips を使っていたころの名残なので,そろそろ認識を改める必要があります.

という記述がありました。EPS を提出する必要がある場合はしかたありませんが、これからはベクター画像は PDF を、ラスター画像は JPEG か PNG を使っていこうと思います。


PDF からの変換

まずは、EPS に変換したい画像が含まれる PDF ファイルを作成する。

次に、作成したPDFファイルを適宜トリミングして、ちょうどいい大きさの PDF ファイルにする。Mac であれば、プレビューで PDF ファイルを開いて選択ツールで長方形の範囲選択をしてコピーし、「クリップボードから新規作成」でトリミングされたPDFファイルを作成できる。

そして、PDFファイルを pdftops コマンドで EPS ファイルに変換する。Xpdf または、Xpdf を元に開発されている poppler をインストールすると、pdftops を使えるようになる。Mac ならば、brew install poppler でOK。そして、

pdftops -eps filename.pdf 

とすることで、filename.eps が作成される。

WMF からの変換

Window メタファイル (WMF) から直接 EPS ファイルを作りたくなるときもある。その場合には、Metafile to EPS Converter を使う。

WMF2EPS もあるけれど、最新版の Windows だと動かないようだ。


この記事をシェアする