著者:関 勝寿
公開日:2016年6月3日
キーワード: git github

GitHub で1ヶ月7ドルの Personal Plan でプライベートリポジトリ作成無制限となったので、いろいろなファイルをバックアップ用にプライベートリポジトリに入れることとした。その時に、はまったところがあるので、はまるポイントを回避しつつ、大量のファイルをリポジトリに一括登録する方法をまとめた。

100MB 以上のファイルと追加料金

GitHub では、100MB 以上のファイルをリポジトリに push しようとするとエラーとなる。Git Large File Storage (LFS)を使うと、100MB 以上のファイルを扱えるようになる。ここで、Personal Plan では 100MB以下のファイルについては容量無制限だが、100MB以上の LFS 管理のファイルについては 1GB までの容量制限があり、オーバーするとLFSの容量を追加購入しなければ LFS が使えなくなる。LFSは容量50GBと帯域 50GB / month を$5/monthで購入可能である。

そこで、100MB以下のファイルだけを git リポジトリに入れる、という使い方と、LFS で全てのファイル(あるいは一部の大容量ファイル)を入れる、という使い方が考えられる。ここでは、両方の使い方に対応して記述する。

リポジトリの作成

GitHubにサインインしてNew reposirotyボタンからリポジトリを作成する。通常はリポジトリを初期化して git clone から始めるが、ここではすでに手元にリポジトリに登録しようとするファイルがあるという状況の話をしているので、Initialize this repository with a README にはチェックを入れずにリポジトリを作成する。まず、REAME.md が存在しなければ、仮のファイルを

echo "# test" >> README.md

として作成する。続いて、次の一連のコマンドでリポジトリを初期化し、README.md をリポジトリに追加し、初期設定をする(USER と REP は書き変える)。

git init
git add README.md
git commit -m "First commit"
git remote add origin git@github.com:USER/REP.git
git push -u origin master

ファイル名からスペースを取り除く

ファイル名にスペースが入っていると色々と面倒なので、このコマンドで、カレントディレクトリ以下のファイル名について、スペースをアンダースコア「_」に一括置換してしまうのが良いと思う(それによって何らかの問題が生じないのであれば)。

for A in $(find . | grep " " | sed -e s/" "/x3Exe/g) ; do mv "$(echo $A | sed -e s/x3Exe/' '/g)" "$(echo $A | sed -e s/x3Exe/'_'/g)"; done

ディレクトリ名にもスペースがある場合には、エラーが出ることがある。その時には、エラーが出なくなるまで何回か同じコマンドを繰り返す。

LFS 管理をするファイルの選択

LFS を使わないのであればここはとばす。LFSを使う場合、まずは、LFS をインストールする。Homebrew であれば

brew install git-lfs

である。そして、Git に LFS をセットアップする。

git lfs install

次に、100MB 以上のファイルを一覧する。

find . -size +100M | xargs du -sh

この中から、LFS管理とするファイルを適宜指定する。例えば、拡張子 .psd のファイルをまとめて指定するには

git lfs track "*.psd"

git で管理しないファイルの設定

LFSを使わない場合、あるいはLFSを一部のファイルのみにしか使わない場合には、git で管理をしないファイルを .gitignore に設定する。

100MB以上のファイルをすべて .gitignore ファイルに加えるには

find . -size +100M | sed -e 's/^\.\///' >> .gitignore

バッファサイズの設定

大きいファイルを git push すると

packet_write_wait: Connection to 192.30.252.123: Broken pipe
fatal: The remote end hung up unexpectedly
error: failed to push some refs to 'git@github.com:USER/REP.git'

といったエラーが出やすいので、エラーを出にくくするためにHTTP post バッファサイズを上げると良い。50MB に上げるには

git config http.postBuffer 52428800

リポジトリに追加

git add -A; git commit; git push で追加できれば良いのだけれど、何ギガバイトもあるような大量のファイルをリポジトリに追加しようとすると、バッファイサイズを上げても fatal: The remote end hung up unexpectedly のエラーが出ることがある。そこで、段階的にファイルをリポジトリに追加するスクリプト gitadd を作成した。

最初に git add -A; git commit; git push をやってエラーが出ててしまった時には git reset HEAD~ で commit と index を戻してから、このスクリプト gitadd を実行する。

100MB 以上のファイルがあってエラーとなる場合

Filename というファイルが 100MB 以上で、File Filename is 230.01 MB; this exceeds GitHub's file size limit of 100.00 MBというようなエラーが出て git push できないとき、そのファイルを git 管理から除き、履歴から完全に削除する。

git rm --cached Filename
git commit --amend -CHEAD
git filter-branch --index-filter 'git rm --cached --ignore-unmatch Filename' HEAD
git push origin master

git filter-branch --index-filter 'git rm --cached --ignore-unmatch Filename' HEAD に対して A previous backup already exists in refs/original/ のようなメッセージが出た時には、

git update-ref -d refs/original/refs/heads/master

で refs/original/ を消す。

必要に応じてLFS管理に入れてコミットし直す。

git lfs track Filename
git add Filename
git commit -m lfs
git push origin master

管理

git pull; git add -A; git commit -m "commit" && git push

とすればアップデートされていくので、お好みで crontab に入れる。


この記事をシェアする