著者:関 勝寿
公開日:2016年3月25日 - 最終更新日:2019年12月27日
キーワード: mac

macOS の標準機能で zip ファイルを作成すると、ファイル名が UTF-8 でエンコードされる。一方、Windows では日本語のファイル名を Shift-JIS でエンコードする。そのため、日本語を含むzipファイルをやりとりするときに文字化けのトラブルが生じることがある。その対処方法を記す。

macOS で Shift-JIS の zip ファイルを作成する

以下が、Mac で Shift-JIS ファイル名で圧縮するソフトである。.DS_StoreをはじめとするMac特有のファイルを自動的に除外する機能が付いている。

macOS で Shift-JIS の zip ファイルを展開する

macOS では標準のアーカイバで文字コードを自動的に判別して展開するので、対策不要である。

ところが、Shift-JIS のファイル名を含むファイルを展開するときに、標準のアーカイバでエラーが生じることがあった(macOS 10.15.2 Catalina)。何種類かのソフトを試したところ、ファイル名の文字コードを変換してくれない場合が多かったが、次のソフトで問題なく文字コードを変換して展開できた。

なお、zip ファイルに関連づけられているアプリケーションを変更するには、zipファイルを右クリックして「情報を見る」を選び「このアプリケーションで開く」から目的とするアプリケーションを選択して、「すべてを変更」ボタンをクリックする。

The Unarchiver は unar というコマンドとしてターミナルから実行することもできる。Homebrew をインストールしてから brew install unar で unar をインストールすることができる。

Windows で UTF-8 の zip ファイルを展開する

今後、Windows 8 以降のシェアが増えるにつれて、ファイル名文字化けのトラブルは減少するであろうと考えられる。

参考サイト